1. トップ >
  2. 【社員インタビュー】サービススタッフ 石川 耕平

INTERVIEW02

夢を実現するために、もっと自分を磨いていきたい。

サービススタッフ 石川 耕平 / 2015年入社

INTERVIEW MOVIE

スタッフ同士の信頼関係が非常に深い会社。

物心がついた頃から、身近にHondaの乗り物があったんです。家族が乗っているクルマやバイクがほとんどHondaで、自然と好きになりましたね。また、メカをいじることも好きだったので、Honda車のサービススタッフは一生かけて頑張っていける仕事だと思い、この会社に入りました。
入社してまず思ったのは、この会社はスタッフ同士の信頼関係が非常に深く、とてもチームワークが良いということでした。もちろん仕事の面では厳しいのですが、仕事を一歩離れると何でも話せる関係なんです。休日にみんなで出かけることもありますよ(笑)。とにかくアットホームで雰囲気が良いので、スタッフにとっては働きやすい環境だと思います。

感謝の言葉を直接いただいた時の嬉しさ。

入社して実際にプロの現場に出た時は、イメージしていた仕事内容と多少のギャップはありました。一日中クルマの前にいて、ひたすら点検したり整備することがサービススタッフの役割だと思っていたのですが、実際にはお客様対応という大切な役割があるんです。自分が担当したクルマは、自分で整備内容を伝えたり、自分でお見積りなどの書類も作って、お客様にご説明することもあります。
分かりやすい話し方ですとか、相手に理解してもらうためのトーク力など、身につけなければならないことがたくさんありますが、私の場合は人と接することが好きなので、お客様とのコミュニケーションを楽しみながら働いています。
仕事をしていて嬉しいと思う瞬間は、やはりお客様から「ありがとう」と感謝の言葉を直接いただいた時ですね。嬉しいのと同時に、お客様のためにこれからも頑張ろうという気持ちがますます強くなります。

高い目標と大きな夢が、仕事への活力に。

もちろん、仕事ですから壁にぶつかることもあります。そんな時に頼りになるのが、上司や先輩の存在です。私自身、実は日々の整備作業やお客様対応に慣れてきた頃に、仕事の楽しさを見失っていた時期があったんです。その時に、私に活力を与えてくれたのが先輩からの言葉でした。「自分の中で目標を設定して取り組みなさい。目標があれば日々の仕事に意味を見出せるはずだ」と。この言葉が私を目覚めさせてくれましたね。この先輩のアドバイスがあったからこそ、今の自分があると思っています。
今後の目標は、まずはお客様第一という意識を持って、もっと経験を積み、お客様に信頼してもらえるサービススタッフになることです。そして、今は自分のことで手一杯ですが、後輩をはじめ周りのことも広く見られるようになっていきたいです。役職としては、まずはサービスフロント、その次に工場長、いずれは店長ですね。この夢を実現するために、これからも頑張っていきたいと思っています。

DAILY SCHEDULE

9:30

業務開始
一日のスケジュール、その他共有事項を連絡します。
代車、工場の準備をします。

10:00

開店
点検・修理の受付をし、作業を開始します。

12:00

昼休憩
1時間休憩をとります。

13:00

午後
点検作業や修理・診断、クルマの整備、納車整備をします。

18:00

引き渡し

18:30

業務終了

仕事内容を見る

ENTRY

ホンダ四輪販売西中国は、
みなさまとお会いできることを楽しみにしております。