MANAGEMENT POLICY
お客さま本位の保険業務運営方針

当社の目指す姿

当社は社是である「私たちは、お客さまの喜びと満足の為にHonda商品を通じて質の高いサービスを提供し続けます」に則り、
質の高いサービスを提供し続けることでお客さまと社会から信頼いただき、“存在を期待される企業”となることを目指します。

「お客さま本位の業務運営」の策定・公表

このたび、上記「当社の目指す姿」実現に向けた具体的行動方針として「お客さま本位の業務運営方針」5つを策定いたしました。
この5つの方針を実践し、その取組みを「見える化」してホームページ内でお客さまに公表して参ります。
また、より良い業務運営を実現していくために5つの方針は定期的に見直すものといたします。

  1. 方針1お客さまのメリットを最優先したご提案

    当社は保険募集において、お客さまのニーズを十分に把握し、
    お客さまのメリットを最優先にしたご提案を徹底いたします。
    もし提案内容にお客さまへの不利益事項が含まれる場合には、
    その不利益事項を十分にご説明し、お客さまが当社で保険加入して
    良かったと
    感じていただけるよう誠実かつ適切に対応して参ります。

    主な取組み

    他社で加入中の自動車保険を解約し当社へ切り替えられる場合、重要事項説明に加え、「解約を伴う自動車保険契約に関する確認事項」
    (以下本帳票)を用いて、等級進行(割引進行)等において不利益が発生する場合があることについて、より丁寧な説明を実施します。
    また、不利益事項をご理解いただいたお客さまには本帳票へご署名をいただき、当社とお客さま双方の認識に齟齬が生じないように
    確認を行います。

  2. 方針2利益相反の適切な管理

    当社は損害保険代理店であり、保険商品の募集・販売等を行う
    対価として保険会社より代理店手数料を受領しますが、お客さまの
    ニーズに反して高い手数料を得られる商品を不当に優先して販売
    すること等、利益が相反する可能性を適切に管理する態勢を
    整備します。

    主な取組み

    全拠点統一カリキュラムで保険月例勉強会を実施し、
    当社推奨販売ルール、適切な保険募集方法、コンプライアンス
    などを学習します。
    (年11回)

  3. 方針3重要な情報のわかりやすい提供

    当社は重要な情報をわかりやすくお伝えするため、タブレット端末を
    積極活用し、視覚的にわかりやすい保険募集に努めます。
    また、定期的なロープレ研修を通して、募集品質向上と品質の均一化を
    目指します。

    主な取組み

    ➀特に重要な箇所については、専門用語を多用せず、お客さまに注意を喚起しながら、適切かつ十分な情報提供に努めます。

    ➁ご高齢者または特に配慮が必要なお客さまに対して提案・説明する際には、当社募集ルールに則り、親族等のご同席、
    複数回の
    募集機会の設定、複数募集人での募集、契約後のフォローコール等の方法できめ細やかな対応を行います。

  4. 方針4お客さまにふさわしいサービスの提供

    当社はお客さまのおクルマの使用状況やご家族の情報、自動車保険に
    関するご意向を十分に把握したうえで、それにふさわしい補償内容で
    提案を行います。ご契約後も毎年のご契約内容の確認を含め、
    契約の適切な管理とお客さまの状況に応じたアフターフォローを
    行って参ります。

    主な取組み

    ➀拠点ごとに保険証券診断を実施し、お客さまから自動車保険のご相談をお受けするサービスを提供します。

    ➁全拠点統一カリキュラムで保険月例勉強会を実施し、当社推奨販売ルール、適切な保険募集方法、コンプライアンスなどを
    学習します。(年11回)

    ➂保険業法対応会議を開催し、Plan(計画)、Do(実行)、Check(測定・評価)、Action(対策・改善)の仮説・検証型プロセスを循環させ、マネジメントの品質を高めて参ります。(月1回)

    ➃自動車事故やトラブル時に24時間365日お客さまを
    サポートできるよう、全てのお客さまにHondaオリジナルの
    無償サービス
    「Honda Total Care」への加入をお勧めして
    おります。
    (※ Honda Total Careプレミアムは2年目以降有償)

  5. 方針5すべての保険募集人への本方針の定着化

    当社のすべての保険募集人が方針1~4を理解し実践できるよう、
    継続した社員教育を実施して参ります。
    最終的にお客さま本位の業務運営が企業文化として定着するよう努めて参ります。

    主な取組み

    ➀年に1回、当社のすべての保険募集人がコンプライアンス研修および理解度確認テストを受講し、自己チェックシートにより
    自身の保険募集に関するチェックを行います。

    ➁年に2回、全社員を対象とした「全社員ミーティング」を
    開催し、本方針について継続的に発信して参ります。

「お客さま本位の業務運営に関する宣言」(方針1~5)を実現するために、
以下を重点項目として活動し、公表して参ります。
  1. 自動車保険の継続率

    継続率とは自動車保険の契約満了日に引き続きご継続いただいた割合です。
    他社に移ることなく継続いただくということは、私たちの仕事に対する満足度の表れであると考えております。
    お客さまに長きにわたりご継続いただけるよう、ご納得・ご満足されるご提案とアフターフォローを実践してまいります。
    以下の数値は2020年度満期の継続率(2020年12月末時点)です。

    継続率97.5%
  2. 対面によるタブレット手続き率

    当社は対面による保険募集が一番お客さまに理解していただきやすく、またタブレットを用いて補償内容を視覚的にわかりやすく
    お伝えすることで、よりお客さまの理解が深まるものと考えています。
    当社は対面タブレット手続き率70%を目標に取り組んで参ります。

    対面タブレット手続き率72.3%
    (2020年12月末時点)
  3. お客さまアンケート設問「弊社スタッフの契約手続きや事故対応にご満足いただけていますか?」における
    「大変満足」と「満足」の割合

    このアンケート設問への回答が当社保険業務への一番わかりやすい評価であり、この割合が高いことがお客さま本位の業務運営ができている
    何よりの証左と考えております。2021年1月よりアンケート集計を開始し、以下数値は2021年1月単月の満足度割合です。
    「大変不満」「不満」のご回答はございませんでした。
    さらに多くのお客さまに満足いただけるよう、全社一丸となり取り組んで参ります。

    満足度86.6%(2021年1月単月参考)